【肉の日】太りにくい肉ランキング

2月9日は"肉の日"ということで今日は、ダイエット中でも肉料理を楽しむために、種類と部位別に低カロリーなお肉を紹介していきます。

低カロリーの部位を選んで食べれば、美味しくカロリーダウンをすることが出来ます。部位ごとの上手な焼き方も合わせて参考にしてみてください。

1位「鶏軟骨」

ランキング1位に輝くのは、コリコリとした独特の食感が美味しい鶏軟骨です。脂身が少ない鶏軟骨はカロリーが低く、そのカロリーは100グラム当たり54キロカロリーとなっています。歯ごたえがいい鶏軟骨は、よく噛んで食べることにより満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐという嬉しい効果もあります。

ヤゲン軟骨は軽く火を通す感覚で焼き、ゲンコツは中までじっくりと火を通すイメージで焼くといいでしょう。

2位:「レバー」

ランキング2位は、メジャーな部位であるレバー。牛の肝臓にあたる部分で、ねっとりとした独特の食感が特徴です。クセが強く、好みが分かれる部位ではありますが、100グラム当たり132キロカロリーと低カロリーな上に、貧血予防に効果的なビタミンB12を豊富に含んでいるため、ダイエット中は積極的に摂り入れたい食材です。

レバーは焼き過ぎると、肉に含まれる水分が蒸発して、ボロボロとした舌触りになってしまいます。また、肉の旨味が失われてしまうので、表面はしっかりと焼き色をつけつつ、中は軽く火が通る程度に調節すると美味しく食べることが出来ます。

3位:「牛ヒレ」

3位は、牛ヒレです。2位までは正直肉と呼べるか怪しい部位を紹介してきましたが、今回は正真正銘のお肉です。

赤身肉の中で断トツカロリーが低く、ダイエット中でも気兼ねなく食べることが出来る嬉しい部位です。脂身が少ないためさっぱりとした味わいですが、筋が少ないので柔らかい食感です。牛ヒレのカロリーは100グラム当たり223キロカロリーです。

ヒレ肉の美味しい食べ方で大切なことは、加熱しすぎないこと。片面を焼き、表面に肉汁が浮き出して来たら裏返し、もう片面は軽く炙る程度にしましょう。肉の柔らかさと濃厚な旨味を堪能することが出来ます。元々脂身が少ない部位なので、長時間焼いて脂を落とす必要はありません。

いかがでしたか?今回は低カロリーなお肉と焼き方について紹介しました。ハイカロリーな食事の代表とも言える肉ですが、カロリーが低い部位を選んだり、野菜と合わせて食べたりするなど、少し気を付けるだけでダイエット中でも美味しくいただくことが出来ます。

この時期、夜はおうちで過ごす方も多いと思いますが家でも簡単に調理できる部位なので是非参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事