【梅雨到来】インナードライって何?対策3選

ジメジメと湿った空気で、湿気と暑さが不快なこの時期になりました。

髪がまとまらない、メイクが崩れやすい。。そんなお悩みの方は多いと思います。

実はこの時期「肌荒れ」も起こりやすくなるため注意が必要。

肌にとって理想的な湿度は約60~65%前後なのですが、梅雨時期は高湿度のため雑菌が繁殖しやすい環境となり、肌の赤みやかゆみ、ニキビなどができやすくなってしまいます。

また、肌がベタつくからとスキンケアのアイテムを減らすことで、肌内部の潤いが減り水分が蒸発してしまい、肌内部がスカスカになってしまうインナードライを引き起こしている場合があります。

ベタつく時期だからこそ、エアコンの室内では肌表面のバリア機能の低下に気付きにくく、自覚しないままに「乾燥」状態になりやすい傾向が・・・

毛穴の黒ずみ・開きが気になる。目元口元は乾燥しているのに、Tゾーンはベタついている。という方は、インナードライを引き起こしている可能性も。

参照:Rocco Girl

インナードライを防ぐ方法

帰宅後早めのクレンジング&洗顔

テカリの原因となる皮脂やニキビを引き起こす雑菌を取り除くためには、入念なクレンジングや洗顔が大事です。

お肌に優しいクレンジング剤やたっぷり泡の洗顔料で、細かい部分までしっかりと優しく丁寧に洗いましょう!

また、洗顔のしすぎは肌トラブルの原因となってしまいます。

1日2回(朝・晩)の洗顔を丁寧に行いましょう!

洗顔後のうるおい補給

この時期は湿度は高いのですが、室内は冷房や除湿器の影響、屋外では強い紫外線もあり、肌が乾燥しやすい環境です。

肌がテカリやすいのも、お肌の乾燥により皮脂が過剰に分泌されてしまうから・・・

化粧水などでたっぷり水分を与えたあと、乳液やクリームを塗ってフタをしてあげましょう!

どうしてもテカリやベタつきが気になる場合は、保湿ケア後にティッシュを肌の上にのせ、そっとおさえるのがおススメです。

紫外線(UV)ケア

梅雨の暗い空で忘れがちな紫外線(UV)ケアですが、6月の紫外線量は7月や8月と大きく変わりません。

紫外線による肌ダメージは、シミ・シワはもちろんお肌の乾燥も招きます。

そのため1年中紫外線対策はしっかりと行ってくださいね。日常生活ではSPF30・PA++程度の日焼け止めを欠かさずお使いください!

丁寧なスキンケアで快適で健やかなお肌をキープし、ジメジメうっとうしいこの時期を乗り切りましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事