【冬の腰痛改善】

最近寒い日が続いていますよね。

日々で痛めている肩こりや腰痛などは特に冬になると一層痛みが酷くなりませんか?

今回は特に腰痛問題にフォーカスをしてお伝えします!

なぜ、冬になると腰が痛くなるのか?改善方法はあるの?腰痛に聞くストレッチなどをご紹介します!

【冬になると腰が痛くなる理由は?】

まず腰痛とは、腰回りの筋肉や背骨、背骨を通る神経、関節が損傷したりなど

刺激を受けたりすることで起こる症状で、原因を特定できない場合も多くあります。

原因が明らかな特異的腰痛(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症など)

と原因が明らかではない非特異的腰痛に分類され、ほぼ8割が非特異的腰痛と言われています。

内臓疾患やストレスなどが原因としても考えられています。

冬になると腰痛の種類にもよりますが、皆さん、体が縮こまってしまう経験があると思います。

その時、体の中でも変化が起きていて私たちの身体を支える筋肉が縮んで硬くなっています。

筋肉と筋肉の細い隙間を通っている皮神経(皮膚に体の内部から筋肉の間を通って伸びていく神経)

は挟まれてしまい、圧迫を受けてダメージを受けます。そのダメージが痛みにつながり腰痛になります。

【腰痛の改善方法は?】

原因によって様々な改善方法はありますが、

①姿勢を正して歩き方を直していく

猫背や反り腰などその人によって姿勢が異なりますがこのままにしていくと

腰痛になる可能性がかなり高いです。歩き方もそうですが、正しい姿勢に変えていくのが大事です!

まず、壁を背にして頭とかかとをくっつけます。

頭のてっぺんから糸で吊られているイメージで立ち、あごは少し引いて背筋を伸ばし、

下腹に力を入れるイメージで、脚を真っすぐにさせる感覚の姿勢がベストです。

この状態から歩けば歩行を改善されます。まっすぐ歩く意識を持ち試してみてください!

②長時間同じ姿勢にならない、させない!

デスクワークや接客業など、どうしても仕事中同じ姿勢になりがちですが、20~30分には姿勢を変えたり、

軽く屈伸や背伸びなど動きを入れるのが重要です。長時間同じ姿勢でいる事が身体に負担をかけ

腰痛になる原因の一つとなります。

③常に身体を温めて血流や筋肉の動きを良くする!

冬の場合とにかく身体冷やさない事です!温かい食べ物や飲み物を口にして、

しっかりとお風呂に浸かるのも大事です!

筋肉が萎縮してしまわないようにしっかりほぐしてあげるのが重要です。

夏の場合でも冷房を効かせすぎたり、冷たい飲み物や食べ物を食べるのではなく、

冷房の温度を控えめにし、出来るだけ、温かいものを食べるようにしましょう!

【腰痛に効くストレッチとは】

ストレッチと言っても沢山ありますが、正しく行わないと余計に悪化してしまいます。

大事なのは筋肉をほぐしてあげるストレッチ

筋肉を衰えを鍛えてあげて強くする筋トレが腰痛の改善につながります。

3つに絞り、毎日少しずつストレッチを行っていきましょう!

太ももの全面を伸ばすストレッチ

①立った状態で、かかとをお尻に付けるようにして膝を曲げます。

②お腹に力を入れたまま、膝を後ろに引くイメージで、足のつけ根を前に突き出します。

③20秒間ストップしてもう片方の足も同様に行いましょう。

太ももの背面を伸ばすストレッチ

①今度は仰向けで寝ます。その状態で太ももの裏を持ち、膝をお腹に近づけていきます。

②限界まで来たら、膝をできる所までまっすぐ伸ばします。

※無理をすると脚がつってしまいます。

③20秒間ストップして、もう片方の足も同様に行いましょう。

背骨のねじれを改善するストレッチ

①同じく仰向けで寝た状態で両膝をくっつけたまま脚を曲げて立てます。

②両膝をくっつけたまま脚全体を右に30秒倒します。

※この時腕は身体から45度くらいに開き肩はくっつけたままをキープします。

③今度は左に30秒倒し、同様に行いましょう。

いかがでしたか?今回は3つのストレッチをご紹介しましたが

探してみると腰痛に合うストレッチは沢山あります。

ただ一番は腰痛で困った時はすぐに整骨院などの専門家に話を聞き治療をしていく事です。

身体の癖や治療方法など自分に合った内容で治療をしていくのが重要になります。

これから寒い日がまだまだ続きますので身体には気を付けてお過ごしくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事