冬至の定番【ゆず湯の効果】とは

冬至にゆず湯に入ると邪気を払って風邪を引かないと言われています。実はゆず湯は科学的にも効果があることが証明されていて、年に数回入るだけではもったいないほど、身体に良い効果があるのです。

これからの冬に向けてゆず湯について詳しく紹介していきます。

ゆずに入っている良い成分とは

ゆずには、ビタミンCやクエン酸が多く含まれています。これらは、化粧品にもよく配合されており、美肌作用を期待できるのはよく知られています。

ゆずは食べても身体に良いのですが、ゆずを使って料理するのは難易度が高いのでゆず料理をする方は少ないのでは。

ただ、ゆずを丸ごとお風呂に入れてゆず湯に入るだけでも同じような効果効能を発揮してくれます。ゆず湯は手足の末端の血行を促進してくれるので、身体がぽかぽか温まって、冷え症が改善されやすいです。冷え症にお悩みなら、食べるよりもゆず湯がおすすめです!

それだけでなく、毛細血管を強くし血流を良くするヘスペリジン(ポリフェノールの一種)やシトラール(精油成分)、デトックスに効果的とされているリンゴ酸(果物に含まれる有機酸の一種)や疲労回復効果のあるペクチン(食物繊維の一種)などなど多くの成分が相乗し、高い健康効果が期待できます。

さらには、がん予防としても注目されるβカロテン(緑黄色野菜にも含まれる栄養素)まで含まれています。ビタミンCやクエン酸は、お肌の潤いを守り、つやつやにしてくれるでしょう。

心身をリラックスさせ、脳を元気にしてくれるゆずの香りも魅力的です!

ゆず湯の作り方

一番簡単な作り方は、ゆずを洗ってからそのままお風呂に投入するやり方です。

ゆず湯は肌を刺激する場合がありますが、1~2個だと香りが楽しめないので5個か6個を目安にしてください。バスタブの中でゆずに触れたり、手でつぶしたりできるので、小さなお子さんなどにも喜ばれるかもしれません。

また、用意できるゆずの数が少ない時は、好きな大きさに切って、ネットに入れて楽しむやり方がおススメです。

ゆずの香りがさらに強くなり、成分もお湯に広がりやすいので、お風呂に丸ごと入れる方法よりも即効性があり、効果アップも期待できます。

ゆず湯に入る時の注意点

ゆず湯に入る際の注意点として、敏感肌の方はぴりぴり染みることがあります。これは、ゆずなどのかんきつ系の果物には皮膚の脂を落とす成分が入っているためです。そのような症状が出たら、すぐ湯船から上がりシャワーで洗い流してください。

緩和方法の1つとして、ゆずを20~30分ほど熱湯で湯通ししてからお風呂に入れる方法があります。湯通しすることで皮膚への刺激が弱くなるとされています。

また、ゆずに含まれる有名な成分の一つにリモネンがありますが、リモネンは太陽の光に当たるとシミの原因となるので注意してください。太陽が上がっている日中、昼間にゆず湯に入るのは避けた方がいいでしょう。

まとめ

注意すべき点を守れば、効果がとても高いゆず湯。一説によると、日本酒風呂、生姜風呂などより保温効果が高いそうです。まさに寒い冬にぴったりのお風呂。ゆずの香りや効能を是非楽しんでみてはいかがですか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事